にほんブログ村 教育ブログ 教育コーチングへ
にほんブログ村

日々雑感

日々の他愛ない雑感を記しています。読書、芸術、随想、少し仕事のことなど。

修理仏師の話

 少し前だが、とある仏像展のギャラリートークで、件の仏像たちの修復した修理仏師の講演を聴く機会があった。
下手な作品解説の何十倍も感動する内容だった。
 
 そもそも修理仏師という概念がなかったが、読んで字の如く仏像(や寺社仏閣)の修理を専門に手がける職人、とのこと。
考えてみれば絵画も修復が要る。専門の絵師がいるのかな。
 
・修復跡を残す
後世の人たちが、たとえ記録が失われても、どこがどう修復されたのか分かるよう、敢えて修復跡を残すのだそうだ。
素人が見ても分からず、かつプロの眼には留まるように。
言われてみると、展示されている仏像には修復部位を微かに示唆する濃淡があった。
ただ綺麗であれば良い、という俗物的感覚を超えた、物への愛着というか尊重だろう。
 
・敢えて修復しない
指やなんかの一部分の欠損など、議論の末、敢えて修復しない、場合もあるそう。
これは理由がよく分からなかったが、上と同じような感覚なのか、或いは全体のバランスを考えてのことなのか。
とにかくただ元通りにすれば良いのではない、ということで、修復をずっと行っているが故に身につく感覚なのか。
何と無くミロのヴィーナス像を思い出した。彼女は、腕があったらあそこまで有名にはならなかったろう。
 
・削り跡
仏像彫刻の歴史は、道具の遍歴でもある。
故に、彼らは全体のデザインとか以前に、削り跡を一瞥しただけで年代が分かる、らしい。当然と云えば当然の話か。
しかし、何をしているか/いないかによって、ものの見え方は全く変わってくる。それがプロというものであろう。
自分はそういう風に見えているものはあっただろうか。
 
・1000年
一度手掛けたら、とりあえず千年は持つように修復する、らしい。これは仏像か、或いは建物の基盤の話だが失念してしまったが、確か両方だった気がする。
気の遠くなる時間の尺度だ。
(ちなみに1つの仕事に数十年をかけることもある、そう)
 
・師匠の口癖
講師の仏師が若い頃、親父に口うるさく言われたこと。
「彫刻家は要らない。彫刻をしたい奴は出ていけ」(趣旨)
我を出しすぎると良い修復が出来ない。過去の芸術家や作品、それが過ごしてきた時に対して謙虚になる、そういう1つの心構えということか。
確かに、自分が彫刻家になりたい!と内心ウジウジ考えてたら、人の作品の修復を何十年も続けられないし、上に書いたような発想は出てこないだろう。
(仏師自身、若い頃は彫刻家の息子に生まれ、若い頃は非常に優秀な腕前で彫刻家を志していたとのこと。)
 
 あるスローガンや規範とそのエートスに乖離がある、というとは、考えてみるとよくある気がする。良くも悪くも。アートに対し禁欲的・自制的な姿勢を貫いてこそ、本当のアートを体現しているな、と強く感じた。
これぞプロであろう。 わが身には程遠い事この上ない…

鉄器 茶器の事など

 お世話になった社中が、年一回の送別会をしたとのこと。
本州を縦断してまでは流石に行けないが、かといって何もせぬのも寂しいので、立ち寄り先にて一服してみる。...
 
 外で飲むと、大概がだいぶ薄い。
外国の方も多いエリアゆえ呑み易くしているのかもしれないが、一応お濃茶まで嗜んだ身としては何とも物足りず…
しかも夏日和なのに気を遣ったのか、若干温め(笑)
やはり、茶器を揃えるしかないかなぁ。
薄かろうが温かろうがダマがあろうが、自分で点てたものならまだ収まりもつくというもの。
 
 などと思いつつ帰り道、茶器屋に立ち寄り、ぼぉっと品々を眺めていると、店のオーナー婦人が気さくに話しかけてきてくれた。
何をお探しなどと聞くものだから、流石に釜までは家に置くわけにもいかず…などとやや社交辞令ぶって呟いてみると、それならと、店の奥から小さめの、といっても一度に四、五人分は沸かせるであろうちょうど良い大きさの、純鉄器の釜を取り出して来た。
 
 この大きさと品質に於いては、破格の安さらしい。(それでも小遣い数ヶ月分はした…)
おまけによく見ると、あの竹林の七賢がちょうど縁を一周するように象ってあり、なかなか気品のある代物だった。
婦人は、その柔和な物腰と言葉遣いとは裏腹に、私のように生半可な知識の客に日々フラストレーションを溜めているとみえ、かなり詳しく鉄釜の良し悪しの説明をしてくれた。
身体にいいから、是非毎日点てて!と最後に念を押される(笑)
 
 確かに、身体に良いことは間違いない。 茶を嗜むのは、身心に効くのだ。
 
 マインド云々とか最近ちょっと思いついたかのように流行りだしているが、何のことはない。我等が先達たちは、損得どころか明日の命をも知れぬ戦乱の世を心鎮めて生き抜く術を、とうの昔に築き上げて来た。しかも極めて高い文化水準のもとに。
 
 過去を勝手に忘却する我々は、忘れたくても忘れようのない叡智にはそれはたいそうな名前をつけて、ちょっとした科学的証明で着飾って、さも自分が思いついたかのような振りをする。
 
 それはそうと、どうして湯を焚くべきか…今年の冬までには何とかしよう。。

備忘 NHKスぺシャル「12日間の深層」

11日どころか12日も終わりそうなのであるが。
いい特集だった。

福島第一原発の中でも、特に事態が深刻であったことが昨今判明した1号機を巡る対応の分析。
1号機はメルトダウンしたことが後に判明したが、実に12日もの間、原子炉内部が空になっていたことが見逃されていた。それはなぜか?1号機をはじめとした事態対応に当たった事象の解析から、構造的な原因を分析する。
危機における組織のコミュニケーション在り方を考えるうえで、非常に有意義な内容であった。

 

原発云々も大事なテーマだが、そういう問題は論じ尽くされているし完全に門外漢なのでここでは触れない。
このインシデントが提起する重要な問題は、危機管理なかんずく危機における組織のコミュニケーションの在り方、だろう。

起きた事象を表面的にまとめると、吉田所長に状況判断・意思決定・上部機構との意思疎通の負担が手中していた、らしい。
吉田所長に意思決定の負担が行きすぎ、正常な判断が困難になっていたというのは非常に象徴的な事象だ。
これは、トップダウン型のヒエラルキー組織の弱点を端的に示している。
リーダーに負担が集中するというのは、トップダウンに伴う一種のサイドエフェクトであろう。
(更に在りうるサイドエフェクトを挙げると、今回はこれは一瞬しか触れられていなかったが、現場がトップに対しいちいち”聖断”を求めだす。ということである。)

一方で、では分権しようという単純な話でもない。
(私は基本的には分権を進めるべきというスタンスだが)集検と分権にはメリット・デメリットがあるので、一概にどちらが良いとは言えない。論点としても、集権・分権以外の要素が介在し2項対立的に還元できない。
政治的に集権せねばならないものもある。(災害は勿論、国防・治安維持なら尚更)

危機対処の目的に立ち返れば、ある面では集権すべきだし、ある面では分権すべきなのだ。
ただ、その内容を精査して、組み合わせるのが重要であり、かつ難しいのである。

集権と分権の関係を至極適当にまとめると、、、
・折衷の問題
 ある問題について適切な集権的意思決定を下そうとすれば、他の問題についてはほどほどに分権して、負担を分散しておかねばならない。(そうしないとしょうもない質問が集中しだす)
・情報の問題
 ある問題について集権的な意思決定に必要な情報を集中させようとすれば、やや逆説的に聞こえるが、各セルの自立性を高めておかねば情報のチャンネルが先細ってしまう。
 これはこれまで述べている分権とは少し趣旨が違うが、関連性(相関関係)がある。
・集権化のデメリットの回避
 どうしても一人の人間においてバイアスが生じることは避けられない。一本のラインによるトップダウンだけを繰り返しているとバイアスが固定化する。これを適切にバランシングするには、他のアクターの視点を適時に取り入れることが必要となる。
(”横”にいた刈羽原発所長の意見具申の例がこれに当たる)
・技術の問題
 主権にも分権にも結局プラットフォームが必要。複雑な環境で分権を適切に進めようと思ったら、各セルが勝手にバラバラに動くのを防ぐために情報共有が必要になる。そんなのをいちいち電話とかFAXしてたら話にならないので、クラウド的なものが必要。(というかクラウド欲しい…)

他にも色々あるが、複数の観点から集権と分権の関係を整理し、かつ組み合わせる必要がある。

(このようなテーマに関して「ハイブリット型組織」という概念があったが、それにあたるのであろうか。)

疲れたので、とりあえずこの辺りで。

分析手法も興味深かった。
会話の記録をAIで解析、というのが非常に琴線に触れた。個人的に過去に漠然と感じたことがあったが、流石は現代。もう普通に当たり前にこういうことが出来るのだ。
(AARは勿論、オンゴーイングのオペでももっと活用出来るのではと思料。無論一つのツールであり、それだけで事足りるという話ではないが)
何をするにも個人には限界がある。AIやロボットが個人の仕事を奪うのではという危惧が巷をにぎわせているが、生憎実際の運用面ではそこまで至っていないし、そもそも個人に負担が集中しかねないのだ。
AIが人間をサポートする、そしてまたそのAIを(勿論万能ではないので)スタッフがサポートする(逆もあるが)態勢・体制が必要であろう。

防災 総論1

最近、必要があり防災について、勉強を始めた。

学問というより、実務の必要に迫られてのリサーチなので、しかもあまり時間もないので、どこまで体系的にできるかわからないが。

これまで仕事で災害派遣に関わる事はあるにはあったが、殆ど小さなユニットの話か、現場での、自分正面、或いは個人としての即応性をいかに保つかということでしかなかった。

防災というものについて、しっかり考えたことはなかったと痛感している。

 

とりあえず、手始めに幾つかの本を読んでいる。手始めに分かったことは、月並みな、極めて月並みな内容。日本はこれまで幾度となく災害に見舞われてきた。そして多くの教訓を得てきた。しかし、十分に生かされてこなかった。幾度となく得られてきた教訓は、幾度となく忘れられてきたのである。

 

とある文筆家がいみじくも述べたように、歴史の教訓は、人間は歴史からはなにも学ばない、ということ、かもしれない。

昨今の大震災においても、実に多くの教訓が得られ、そして「思い出された」。

津波の到達地点に寺社仏閣や慰霊碑が立っていた、洪水の発生地点にそれを予感させる地名がついていた、そのような例は枚挙にいとまがない。そしてそれらの事実は、往々にして、災害があったのちに日の目を見るのである。

 

今後の防災研究は、災害とはいかなるものか、いかにして被害を抑えるかという自然科学、あるいは工学的な視点に加え、社会や組織がなぜ教訓を忘却するか、またいかにすれば忘却が防げるかという社会学的知見が求められよう。

レヴュー アレシンスキー展 @国立国際美術館

 

●アレシンスキー展

下に書いたクラーナハ展と一緒にやってる、アレシンスキーという人の現代アートも良かった。

モダンを見て、初めて作品と自分を近く感じ、「ああこういうものが描きたいんだな」と我が事のように感じることが出来た。

ここで少し、モダンアートに対する考えを書いてみる。

私は、モダンや前衛のアートが、全くわからない。

分からないというのは、ピンとこない、のだ。直観的に美しいと感じることも、勿論ある。例えば、(今は閉館中であるが)ブリヂストン美術館にあったザオ・ウーキーの先品は好きだった。なんというか、色彩が良いとただ思っていただけのこと。

そう感じるほぼ唯一最大の理由は、作品と自分を関連付けられないことにあるのではないかと思う。

描く、とは、対象と自己との関係の置き方であり、対象に自己を投影する行為であると思う。絵画の鑑賞者は、画家が描いたものを通じてその美しさを感じ、その背景にその美しさを愛でる画家の喜びに触れる。

しかるに、モダンアートは、(私の理解では)これまで(近代まで)人間なかんずく画家が行ってきた「描く」「絵を描く」という行為そのものをいったん相対化し、白紙に戻す試みなのではないだろうか、と思っている。このような行為は、例え理屈で理解したとしても、私はまだ共感をもって見ることは出来ない。

 このアレシンスキーの先品は、その点、なんというか、表現者が何かに立ち向かい、それに立ち替わる自分にしかない何かを表現しようとするエネルギーを感じることが出来た。

言葉から離れて自由に描こうとする表現力。

寧ろ、敢えて言葉を相対化し、我々にイメージの挑戦をぶつける。

言葉遊びのような題名と不可解な視覚表現は決して偶然の関係ではなく、言葉と視覚との倒置の試みの結果である。

 

 

抽象絵画について】

我々は、言葉によって物事を理解し、規定する。言葉があれば、何も見えていなくても脳の中にものを描くことすらできる。言葉によって見ている、とすら言える。

絵を見た時も、まず題名を見、イメージし、それに従う視覚情報を絵画の中に探しに行く。およそ普通の鑑賞はそのように、作品に身をゆだねるのではなく、自らの経験に、作品を近づけようとするプロセスだ。そして、被鑑賞物は、ただ見えているということではなく、言葉に規定されたものだ。

 

このような絵画の手法に「待った」をかけようとするのが、抽象絵画ではないかと、私には見える。

アレシンスキーが描く絵は、言葉からの有利、言葉への反逆だ。彼の描く絵画は、抽象画であるが、それは目の前にある何かを超えた、まさに抽象的な何かであるという事。

敢えて言葉をその視覚的イメージから切り離し、彼の自由なイメージをぶつけることで、私たちに、世界を画一的な視点から見る私たちを強くたしなめ、もう一度世界を見直すことを諭しているかのよう。

備忘 クラーナハ展 @国立国際美術館

日曜美術館視聴(TV)

クラーナハ展に行こうと思っている(実際にいった鑑賞の2週間前)

クラナーハの美、特に女性に対するこだわりと強い美意識、耽美的ともいえる鋭敏な美意識を感じ取ることが出来た。

ヴィーナス

どこか怖い。表情が明らかに、悪い。

ユディット 

敵将の首を刈り取る瞬間のユディットが、妖艶に描かれている。

 暴力的シーンとしての激しさはなく、寧ろ神秘的とすら移る美をたたえている。そして殺される男の表情は、光悦としてどこか「まんざらでもない」感じがある。

 恐らくこれは、画家の女性の力に対するあこがれ、被支配願望を表したものではないか。表面的には男は支配願望を持っており、女性を手なずけひれ伏させようと思っている。しかし、自己の力を超越した美への憧れと、そんなものがもしあるならいっそのこと篭絡され、ひれ伏してしまいたいという被虐的な願望があるのではないか。

 それは、彼のテーマである「女の力」にも通じるものだ。自己否定としての被虐ではなく、純粋な美の追求、快楽の追求の結果としての態度。そんな画家の内面を吐露し、かつ鑑賞者に問いかけるのが、この作品の狙いといっていい。

 

以下、鑑賞後

 

国立国際美術館 クラーナハ

この名前を知っている人は、少ないであろう。私も今回初めて観、知った。

教科書に出てくるルターの肖像を描いた人、と言われればピンとくる人がかなり増えるのでは。17世紀ドイツ北方ルネサンスの画家である。

風土や文化が影響してか、イタリアのそれとは似ても似つかない陰鬱な感じがまた独特である。

和辻の『風土』という本があるが、人間の住む環境が、芸術のような表現行為に与える影響の強さを、これらの絵画の色彩から感じることが出来る。

 

クラーナハの表現力

特に女性の人間描写が、凄い。

何観てんだと鑑賞者の本性を逆に抉り返すような眼つき、表情。

身体描写はマニエリスムを思わせる不自然でいてどこか妖艶な曲線を多用する。

この画家は人(女)をいつもこんな風に観ていたのか。

家庭や職場ではさぞかし疲れたであろうに(笑)

特に聖書や神話の場面を俗人的心理描写を持って描いた名作が数多くある。

宗教改革と反改革の嵐吹き荒ぶ時代に、よくこんな人間臭いものを描けたものだと、心底感服する。

細かい技巧は分からないが、制作へのよほど強い意欲とどうにもならない感性がそうさせたのであろうか。

彼が描こうとしたものは、何であったのだろうか。それは一言で表せば、人間の真の姿ではないだろうか。

当時の宗教画においては、宗教的場面、神話的場面を題材として、人間を理想的に描くのが普通であった。人間は神の化身のように扱われ、神々しい表情や

 

アートレビューすること

これまで、美術を見るたびに、幾つかの文章を書いてきた。

事実、全く書いていない、ということは断じてない。寧ろ、折に触れて、書いてはきた、と思う。

一方で、書いて「は」、と断らざるを得ないところに、自分の少しの弱さと気の迷いが現れている。

本当にしっかりしたものを書けているのかは自信がないし、恐らく書けていないと認めているのだ。

 

書くことで、人は何が得られるのか。

端的に言って、書くこととは考えることであり、言語化されていない獏是とした印象を、言語に落とし込む(或いは昇華させる)行為であると思う。

頭だけで考えている(と表現される)行為は、得てして感じているに過ぎないことである。

それが過ぎた時に、果たして何を考えていたのかはっきりしたものが残っておらず、単なる一過性の感情と一体何が違ったのか、と訝しむ羽目になる。

 

私たちは絵を見るとき、何となく、「ああ綺麗だなぁ」と思う。この時心の中で何が起きているのだろうか。

恐らく、これは先に記したように、明確には言語化されていない曖昧な感情、印象である。ゆえに、それは広がりに欠けまた何に対してのどのような感情なのか十分明確にされていない。

人の頭の中には感情とそれにまつわる記憶が詰まっている。恐らく上記のように言語化されていない印象を抱くとき、人は過去と照らし合わせて感情の残像に身をゆだねているのであろう。

 

これに対し、言語化するとは、そのような印象に明確な形を与える行為を意味する。

過去の残像ではなく、今ここにあってかつそれが今後持ち得るであろう意味に考察の光を当てる。

 

ここまで書くという事の本質的な意義を考えてきたが、これから、芸術鑑賞における「書く」ことの意味と機能を考えてみたい。

 何か絵を見た時、目に入ってきた情報を受け、過去の印象と照らし合わせて「ああ綺麗だ」と思う。ここまでは、何かを「感じた」或いは「思い出した」というプロセスだ。しかしここにある働きは、情報に対して自己の印象を選ぶといういわば受動的な行為でしかない。この行為は、絵画の情報に対して受け身である。目の前にあるものを「見る」のみで、そこに自分から何かを見出し意味づけていくような鑑賞の仕方は出来ていない。

 

本来良質な芸術を鑑賞する方法とは、このような受動的なものでいいのであろうか。

芸術はより多くを鑑賞者に問いかけるため、全てを語るのではなく、問いかける余地を残している。

(続く)